20.2.13

SolidRun Cubox Pro 1stインプレ。

Cubox Pro
イスラエルから予約購入していたSolidRun Cubox Proが届いた。
僕にしては珍しく人柱になってみた。

Cubox。世の中には意外と気になっている人が多いらしいけど、海外・・・しかも、イスラエルってところが購入のハードルを上げているようだ。
けれど、アメリカから買ったことがあるような人なら、アメリカでの買い物となんら変わりない。普通に注文すれば何の問題も無く届けてくれる。eBayなんかよりよほどハードルが低い。

ちなみに、オフィシャルサイトでCuboxをカートに入れると「No shipping methods available to your location」と言うメッセージが表示されるが、これはWebショップのフレームワークのバグみたいなので気にしなくて良い
(どうやら、ユーザーが未ログイン状態で所在地が「不明」だと、「配送方法がない」と表示するようだ。)
ログインすると表示されなくなるし、僕のように買えているという実績もあるので安心して良いだろう。

どのくらいで手に入るのか気になる人もいると思う。だけどそれに関しては、僕の場合1月末出荷予定のProをPreOrderで12月末に注文しているので、あまり参考にならない。発送さえされてしまえば1週間程度で届いた。

----

さて、一応Cuboxの紹介をしておこう。

Cuboxは超低消費電力・超小型のPCだ。そして価格も安い。ノーマルのCuboxなら$120程度で売られており、メモリ拡張版のCubox Proでも$160で売られている。送料込みで2万円弱だ。

低消費電力とは書いたが、数字にすると驚く。なんと3w程度で稼働するらしい。まるでUSB機器並なPCである。点けっぱなしにしても殆ど痛くない。そして、どのくらい小さいかって言うと、こんな感じ。
Cubox Pro

この小ささに、ぎっしりとインタフェースを用意しているのが魅力のPCである。

なお、作りは一見すると良いけど、実のところは価格相応。微妙にコネクタが斜めに収まってたりして、差すときに引っかかったりする。


商品説明はこのくらいとして、とりあえず今日のログでは開梱~起動確認までの印象と作業を記録しておく。

------

開けて商品を取り出すと、本体、ACアダプター(日本のコンセント)、説明書が出てきた。日本タイプのACアダプターってのが地味に有り難い。・・・あれ?UbuntuプリインストールのMicroSDカードがないぞ。

説明書によると、既に本体に刺さっているらしい。・・・って、どこだよ!
Cubox Pro

って思ってよく見たら、ありました。一番下のスロットに。見えねぇよ・・・
Cubox Pro

爪を何とか引っかけて引っ張り出すと、Transcend製のMicroSDカードが出てきた。なかなか良い物を使ってる。

本体背面には律儀にMACアドレスが記載されている。僕のやつの末尾は「072D」らしい。
こういうネットワークに繋ぐ機器では、DHCPの設定で"Macアドレスへの固定IPアドレス割り当て"を使えば、DHCPで何のアドレスが割り振られたか分からなくなるってことがなくて便利である。よく考えられているなぁとは思いつつ、IPアドレスが行方不明になるって問題が起きても気合いで乗り切ることにした。

MicroSDカードを戻し、HDMIケーブル、LANケーブル、USBキーボードを繋いで電源コードを差す。電源ボタンなんて物はないので、これで電源が入る。本体が軽すぎてHDMIケーブルに負けていた(笑
しばらく経つとUbuntuの画面が表示された。動作的に問題はなさそうだ。


引き続き、SSHで入ろうと思って、CuboxのIPアドレスを調べるためにWindowsのプロンプトを起動した。(検索窓に「cmd」って入れれば起動する)
まずは、ARPテーブル確認だ。
> arp -a


現在のarpテーブル・・・通信しているIPアドレス一覧が出る。厳密にはこれは一覧ではないけど、ここでは気にしない。
一般家庭のルータなら、アドレスは若い方から順に割り当てられているはずだ。ということで、最後にネットワークに追加されたのはうちの環境では192.168.1.12ってことになる。

しかし、これはMacアドレスが違うのでCuboxではない。
探すために、192.168.1.13から、1.14, 1.15, ...と順にPingを打っていく。
> ping 192.168.1.13
> ping 192.168.1.14

192.168.1.14で応答があった。
再びarpテーブルを確認する。
> arp -a

Macアドレスが違う。

引き続き1.15から順にpingを打っていく。打っていく。打っていく・・・が、もう新しい機器は見つからない。
まさかなぁ、と思いながら192.168.1.14にSSHしてみたら、Linuxっぽい反応が返ってくる。Cubox発見。

何も下調べしてなかったので、ありそうなパスワードを順番に入れてみて何とかログインできた。(ちゃんと調べておこう)
ユーザーはroot、パスワードはcuboxだ。

で、Macアドレスを確認してみる。
> ifconfig

やっぱりシールに書いてあったのと違うじゃん!
これじゃDHCP側でIPアドレス固定できないよ・・・

イスラエルクォリティに面食らいながら、とりあえず正常に動くことは確認できた。
最後に、Proたる所以の2GBのメモリを確認しよう。
root@cubox:~# cat /proc/meminfo
MemTotal: 1678752 kB
MemFree: 1287640 kB
Buffers: 22932 kB
Cached: 114168 kB
SwapCached: 0 kB
以下略

・・・ん?1.6GB??なんだその端数は。

とググってみると、400MBほどVRAMに回ってるみたいだ。
1.6GB + 0.4GB = 2GB。なるほど。
BIOSからVRAMの値を変えられるとか何とか・・・まぁ、今のところ放置で良いだろう。


以上で動作確認を終えて今日は終了とした。

-----

ところで、僕が何のためにこれを買ったのかってのはまた今度のネタとしておこう。

今思うと、同じ価格でKindle Fire HDが手に入るのは悩ましいところである。ガジェットの面白さではこっちの方が上だったかもしれない。
また、将来投資って意味ならOUYAを買うってのも面白いかもしれない。

まぁ、それでも用途はアイディア次第で無限大なCuboxなので、しばらく遊び倒したいと思う。
この話は、また次の機会に。

p.s. 殆どの写真がぶれてたりピントずれしてるけど、ただの記録写真なのでご容赦を。(うち、照明が暗いんです)

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Raspberry Piを探していたら、こちらのページを発見。
ちゃんとケースに入ってこの大きさには感心。
こちらもおもしろそう。

GENOS さんのコメント...

Rasberry Piがハイスペックかつケース入りになると思っていただけたら良いかと思います。
オーディオやメディアサーバーにするなら、断然こちらの方がスペック有利ですね。
値段はその分高くなりますが・・・

コメントを投稿

show menu