5.12.12

Mac miniをPCオーディオ用に導入。

Piyo
※写真と本文には何の関係も無い。

今年の大きな買い物のひとつはスピーカーのELAC 310IBだ。既にほぼ同価格で後継機なのか次世代機なのかよくわからない製品も登場しているけど、見た目が310の方が気に入っているので後悔は無い。

この次期を境に、僕がオーディオ好きだということが知られ、会社の先輩とオーディオの話をすることが多くなった。そんなオーディオ熱が下がらない僕は、スピーカーの次として、音源の改善=PCオーディオに調査の軸を移し始めた。

-----

PCオーディオ。
CDをいっぱい持っていると必ず一度は考える桃源郷だ。というより、一般にはCDライブラリ整えるよりもiTunesライブラリ作る方が多いんだろうな。

そんな一般の状況に反して、オーディオ市場はPCに弱い人が多い。けど、ついにPCオーディオも繁栄期に入ったという印象を受ける。
iTunesStoreの充実とCD売上の衰退、Blu-rayコンテンツの充実と再生環境(ホームシアター)の人気、USB-DACのハイレゾ対応。レコード時代からCD時代になったように、CD時代からついに配信(?)ハイレゾ(?)時代に進む時が来たことを象徴してるようだ。

かくいう僕も、ついにMac miniを入手してCDPの処分も検討しつつPCオーディオをメインに据える覚悟を決めた。もうCD管理しきれないし、ポータブルプレイヤーをiPhone/iPodから変えることはないだろうから。

時代的には後発CoreAudioの作りの良さやドライバーで色々できる良さでWindowsに人気が移りつつあるようだけど、iTunesが快適に使えて、iPhoneと相性の良いMacこそが、「楽して高音質を目指す」僕の正しい道だと思っている。

-----

さて、このログの本題、オーディオとしてのmac miniについて触れたい。

mac miniはオーディオプレイヤーとしてみると、小型・省電力・静音で、パフォーマンスも申し分ない。この静音という部分は重要。HDDレスならもっと静かなんだろうけど、HDDのモデルでも十分静かだ。そりゃCDPのそれよりは音がするが、視聴距離なら聴こえない。
iTunesの使い勝手の良さは知っての通りで、癖はあるけどライブラリさえ作ってしまえば快適だ。Windowsからのユーザーなら、Mac版のサクサク動作の快適さだけでも価値あるだろう。iPhoneユーザーならRemoteアプリでディスプレーを消していても操作できる。

出力について。
定番としてはUSB-DACを使用すること、流行としてはUSB Async転送(USB Audio Profile 2.0)のDACを使用するのがオーディオ道…つまり、アンプに入力するときにはアナログ化するのがオーディオ道のようだけど…
うちのアンプはそもそもAVアンプで、しかもアナログ入力でもデジタル入力でも一旦DSD変換が入る変わりもの(※)なので、まずはオンボードの光出力で音を楽しんでみた。ちなみにCDPも光接続だ。
近年オーディオに興味を持った人はDAC付きアンプ(デジタル入力可能アンプ)を使ってる人の方が多いだろうから、それと同じ接続ってことだな。

第一印象は、上下の帯域が感じられないカマボコな音だった。もちろん、iTunesのイコライザーやエンハンサーは切っている。この音の印象は、AppleTVの音の印象に近くて、CDPの音の良さには遠い。

オーディオをしない人には「なぜデジタルなのに(=同じデータを再生して光デジタル接続してるのに)音が変わるの?」という質問をよくされる。確かに、一瞥すると理屈上の損失はないからね。
けど、音の変化の理由は、きっと時間軸方向の音のズレ&ジッターノイズじゃないか、と僕は思ってる。ジッターは変換がある場所では必ずと言っていいくらい発生するものだから。(逆にいえば、僕も変化の理由はそのくらいしか思い当たらない)


そこで、まずはBitPerfectを追加して88.2KHz出力にアップサンプリングした。これはMacを検討する理由のひとつだったソフトだ。
# ちなみに、高音質ソフトといえばAudirvanaが有名だが、音があまり好みじゃない…という以前に、iTunesの操作で音飛びする神経質なiTunes同期挙動が合わなかった。ダイレクトモードは魅力的なんだけどね…


なぜ88.2KHzにするのか、というのにはちゃんと訳がある。
・CDのサンプリングの整数倍だということ。(48KHzがイマイチなのはともかく、88.2KHzと96KHzの差は気休めに思うが)
・サンプリング周波数を増やして相対ノイズ量を減らしS/Nを改善する。
・アンプが96KHz以上だと認識が遅い。(古いアンプなので…)
・そもそもmac miniの光出力は最大96KHz。(Windowsを入れると192KHz行けるという噂もあり、OS側の制限のようだ…)

このBitperfectの導入時点で、これまで常用していたCDPの音より密度が上がったように感じられた。音の定位も良く、傾向に特に不満は無い。
本当か気になって全く同じ曲をCDPで全く同じタイミングで再生し、アンプで入力を切り替えながら試聴したが、解像度は等しく、優劣付け難い音となっていた。

目標達成だ。

-----

ここから、さらにPCオーディオの道は続くのだが、それは次のログにて。

※この手のことを書くなら試聴環境を書けと言われるので、以下にまとめておく。
 ・SP: ELAC 310 Indies Black
 ・AMP: SONY TA-DA7000ES
 ・CDP: DENON DCD-755SE
 ・SPケーブル: BELDEN 8470
 ・CDP-AMP間光ケーブル: 過去に買った安物光ケーブル
 ・CDP-AMP間RCAケーブル: 先輩の自作
 ・mac mini-AMP間光ケーブル: 過去に買った安物光ケーブル
 ・SP Stand: FAPS Sidepress-mini

18.9.12

SIGMA DP1 Merrill インプレ。

DP1 Merrill Test
早速MNPでiPhone5の予約をしてきた。その間に撮ったテストショットが↑ ってことで、今日のログの本題はSIGMA DP1 Merrillです。

Tsukiji
技術的、歴史的な背景はDPオフィシャルサイトにあるので書かないけど、ユーザーの常套句だけは使わせて頂きたい。


解像力が凄まじい。


いくつか撮ってきた写真を掲載するが・・・
Tsukiji
Tsukiji
炙った部分の脂の感じとか、海老の表面の質感とか・・・ (Flickrだと拡大するのが面倒だけど)等倍で見てもらっても大丈夫なくらい良く写る。
最近主に使ってるカメラはSONY NEX-5Nなんだけど、APS-Cサイズのカメラってここまで写るもんだっけ?って不思議に思うくらいに解像している。本当に、フルサイズや中判と同等ってのはその通りに思う。

Daikanyama, Tokyo
これなんかもよく見ると、ガラスの奥の本棚の文字も認識できるし、ガラスの反射に写る車のナンバープレートや人の表情も捉えている。

Daikanyama, Tokyo
これは現像しているときに笑ってしまったんだが、ガラスに入っている飛散防止?の細いワイヤーがくっきり写っている。NEX-5Nで撮ってるときにそんな所に感動した記憶が無いから、きっとNEX-5Nではノイズと解釈されて消されているのだろう。

解像力の話はあらゆるサイトで語られることだろうから、このくらいにしておこう。

あとは僕の印象について記録を残していきたい。

まずカメラ自身の操作性だけど、これは初代(無印)DP1, DP2を使っていた僕からしたら、抜群に良くなった。フォーカスとファンクションのダイヤルがとても便利だし、モードダイヤルではなく、モードボタンが用意されたのも非常に良い。DP2以来伝統のクイックメニューもすこぶる快適だ。
7枚分のバッファも素晴らしい。SDカードへのデータ書込みは(大容量のせいで)酷く長いし、その間操作が制限されるけど、撮影だけはバッファが空いている限り続けられる。おかげで、タイミングをしくじったら何十秒も撮影不能になる以前のDPみたいなジレンマはなくなった。
それに、AFも速く正確になったし、高感度はお世辞にも強いとは言えないが、レンズはf/2.8と明るくなった。シャッターの振動がほぼないカメラなので、その気になれば手持ちで夜景もがんばれる。
Daikanyama, Tokyo

前のDPシリーズは、そのできないことの多さから「ホームランバッター」的だと思っていたけど、今回のこのDP1M/DP2Mはほとんど致命的な欠点が無い。そのおかげで、俺がいまいちなショットを量産してしまうのは単純に腕が悪いってことだとハッキリと理解できてしまった。うむ・・・


次は現像ソフトについてだけど、現像ソフトSIGMA Photo Pro 5は、この大容量・超情報量のRAWファイルを扱える唯一のソフトで、UIもなかなかに洗練されていて快適に使える。
もちろんこのドデカいファイルを読み込んでいる最中に固まってしまうことはあるし、メモリの少ないPCでは良く落ちるらしい。それでも、僕の環境ではひとまず快適だ。

ただ、機能面は・・・というと、まだLightroomには及ばない。
たとえば、このカメラはよくハイライト部にパープルフリンジが発生するのだが、Photo Proではそれを存分に取り除くことはできないように思う。左はPhoto Proで現像した生の状態、右はLightroomで処理した状態だ。

このように、色周りの調整は特にLightroomに軍配が上がることが多い。
できることできないことがあるのは仕方が無いので、現在はPhoto Proで一次現像、Lightroomで仕上げという、2段構成でFlickrにアップしている。Lightroomが対応してくれたら良いなぁとは思うけれど、ひとまずはこれで問題ない。

書きたいことはまだいっぱいあるけれど、それは追々また書いておこうと思う。

---

最後に、DP1とDP2のどちらにするか迷ってこんな辺鄙なブログを読みに来た方へ。
僕は一応、初代のDP1, DP2を両方所有しているので、DP2の30mm(換算45mm)もDP1の19mm(換算28mm)も知っている人間と言うことになる。そんな僕がMerrill世代でDP1を選んだ理由について、メモしておきたい。

(カメラ好きなら知ってると思うけど) 45mmほどの画角になれば画面に入れる入れないという取捨選択が可能なのだが、28mmでは取捨選択なんてコントロール不能になることが多い。
28mmの画角は、目の前の景色、周辺視野も含めた広い範囲を捉える画角であり、被写体に一歩近寄らないと遠く感じてしまうという距離感の難しい画角であり、ともすれば不要な物が画面の端に飛び込んでしまう悩ましさがある画角だ。
だからこそ、偶然性やら意外性やら、撮影者の思惑(通りにいかなかった事実)やらが写真に取り込まれてしまう。そしてそんな写真を後日見たときに、完全にコントロールしきった写真では感じない、妙に生々しい世界を感じてしまう。それが、僕がDP1を選んだ理由だ。

上述通り今僕はNEX-5Nを使っているわけだが・・・どんな状況でも撮れるNEXシリーズは優秀で好きだ。
その真逆に位置するDPシリーズ、この苦労が楽しすぎる。

3日間使って改めて感じた。やっぱり、DP1は面白い。

Shibuya, Tokyo

15.9.12

散文: ゲームとオーディオ

DP1 Merrill
しばらく間が空いて、いくつか消化しておかないといけないログが溜まってしまった。
とにもかくにも、写真は控えめに散文で記録だけしておこうと思う。

---

まず一点目。
Skyrimが面白すぎる。これは困った。。。
何が面白いかってのはググってもらえば良いのだが、端的に言うと、あまりにも自由度が高く展開が予想できないため、他人に話したくなるネタが大量すぎる。ドヴァキンはまるで第二の人生だ。

普段ゲームしていなかった僕が、RPGなんてもってのほかの僕が、かなりやり続けている。PS3版は重たかったりパッチリリースが遅かったりとするので、XBOXやPC版ならなお良かっただろうと思うが、後述のオーディオ環境でのプレイは至福だ。
梅雨の時期の暇つぶしに買ったつもりが、秋雨の時期も暇つぶしできてしまいそうだ。

---

二点目。
これは当分付き合っていくことになるであろう、オーディオについて。

突如こちらの世界に足を踏み入れた後輩や、浪費の激しい友人や、趣味のサイクルが絡み合って、オーディオのスピーカーを新調してしまった。
ELAC 310IBという、ブックシェルフタイプではお高い代物だ。
その結果リアスピーカーにはこれまで主役だったKEF iQ30が移動。そして、そのリアにいた10年来のトールボーイスピーカーは二軍落ちとなった。

買ってからもうすぐ3ヶ月になるのでエージングはなかなか進んでいることだろう。ということで音の話をすると、見た目の無機質さに似合わず、刺々しくない広い音場の音が出ている。音の良し悪しを言葉にすることは難しいので比較で記そうと思うが、印象として2万円代のイヤフォン、ヘッドフォンは圧倒している。僕はSTAXのエントリーモデルSRS-005Aも持っているのだが、高音域の艶と解像度以外の面は310IBの圧勝に思える。少しくらいオーディオをかじっていればイヤフォンやヘッドフォンをスピーカーが超えるのは難しいことはご存知かと思うので、これがいかに満足感の高いものかはわかってもらえるかと思う。

310IBは見た目の割に低音が充実しているため、事前情報で足回りを強化しないと低音が音を濁してしまうことはわかっていた。一般的には純正スピーカースタンド(これもカッコイイのだが)を買うのが一般的だが、この世界では見た目がアレで有名なFAPSのスタンドを試聴の上で買った。試聴器を借りる条件がレポート提出だったので、細かい音の話は我ながら恥ずかしいレポートに委ねるとして・・・ この組み合わせは本当に良い。それに、見た目も思ったより良い。

このスピーカーとスタンドの組み合わせは本当に最高だ。
その上で、リアにiQ30を回したことでサラウンド環境もこれまでとは比較にならないほど良くなった。 映画も、ゲームも、サラウンド収録された音は非常に分離が良く、本当に楽しいホームシアターとなっている。
「リアは安い物でいいよ」なんて人にはよく言っていたが、それなりの物を置くとやはり変わるのだなぁと今更実感している。

---

iPhone5発売も大ニュースだけど、今僕はこちらに執心です。

DP1 Merrill

21.6.12

写真ストックから、雑多に。

Nike Fuelband
Nike Fuelband
しばらく前のことになるけどNike FUELBANDなるものを個人輸入で買ってみた。
これがなかなか面白い。詳細な説明は他に任せて省くけど、日常生活の、普段なら面倒だと思っちゃうような行動に対してポジティブになるというのは良い。
日常的に運動する人はもちろんだけど、僕のようなデスクワーカーにも、普段動かないからこそ動く事への欲求としての面白さがある。通常目標の2000 FUELって、本当に絶妙な値だと思う。

日本では発売はまだ掛かるみたいだから、夏に使ってみたければ並行輸入・個人輸入すべし。
日本人の男ならMサイズ。筋肉質だったり腕がアレな人はL、女性ならSという考え方で十分。
----

Nakano, Tokyo
安くて容量無制限の代わりに使い勝手の悪いFlickrと、そのラストリゾート的なLightroom純正Flickr プラグインなんだけど、このところこの組み合わせすら不安定だ。Setにアップしている最中にネットワークエラーで力尽きやがる。
ここ数年間、ガンガン進化を続けているGoogle+やFacebook、あるいは元から素敵な500pxに比べると、Flickrには本当に面白みがない。まぁ、外国人との絡みは楽しいんだけど、それでもなぁ。。。

そろそろ潮時なのかもしれない。他のサービスを模索中。

----

Fu Rai Kyo
連続で夜勤ってのをしてるせいで、写真がなかなか増えない。まぁ、朝撮れば良いっつー話ではあるけど、なんだかそのテンションまで上げるのはツラい。

いしがまやハンバーグ
そんなわけで、ストックから食べ物写真でも掘り出してきた。

Devil Craft Kanda
食べ物写真だけは着実に増えるぜ。

----

最近オーディオ熱が再燃してて、久々に新しいものを買ってしまった。
それについても、そのうちココで。

11.5.12

東京ホタル

Tokyo Hotaru
東京ホタルという、今年初開催の浅草・隅田川のイベントに行ってきた。

Tokyo Hotaru

Tokyo Hotaru

Tokyo Hotaru

イベントの進行や会場の案内、列の捌き方があまりにもグダグダでひどかったんだけど・・・

Tokyo Hotaru
「いのり星」という光る球体と屋形船、電車、スカイツリーのライトアップに、スーパームーンという組み合わせはなかなかに豪華で、壮観だった。

Tokyo Hotaru

何だかまだ企画倒れな予感。
せっかくなので一大祭りのようになると良いね。

12.4.12

高速道路からの夕日。

Sunset from the express way.

Sunset from the express way.

Sunset from the express way.

いやーホントよく写る、SEL50F18
何だかんだで、このレンズはよく使ってる。

Sunset at Tokyo Bay

ネットを見てると、SIGMAのEマウントレンズはすばらしい。だからこそ、DP1 Merrill出るまでガマン。

11.4.12

酒を片手に桜撮影。

Sakura
今年は満開から散るまでが早い。おかげで混みすぎ。
度胸のないカメラマンにはこの人ゴミで立ち止まって撮るのはキツイ。

Sakura

Sakura

Sakura

Sakura

毎年のことながら、桜で満足いく写真は撮れないなぁ。

4.4.12

6x6、もとい1x1。

Hanako
しばらく前にスクエアフォーマットのSONY A1Sというワクワクしてしまう噂話があったので、スクエアフォーマットで。

mara
ハッセルブラッド風に言えば6x6だけど、デジタルだから1x1ってか。36x36?

marten

Spring has arrived.

言うまでもなく、写真は後でクロップ&モノクロ化&デジタルフィルタ。
Adobe Lightroom4、とても使いやすい。

2.4.12

もう、春ですね。

Spring
ポカポカしてきた。来週には花見もできそうだ。
Spring

Spring

Spring
春眠暁を覚えず。でも今日はまだ眠くならない・・・

26.3.12

日常。

Starbucks
春らしくなってきました。

Kichijoji, Tokyo

Kichijoji, Tokyo
この時期は外歩いてて気持ち良い。


Kichijoji, Tokyo
明るいうちから酒。それが合う街って好き。

----

Spring Night
今年の冬は星がハッキリ見える。東京なのに。
でもそれを写真にする技術がないなぁ。

21.3.12

最新50mm、クラシカル35mm。

Plum blooms
SEL50F18、なかなか使い処が難しい。換算75mm固定ってそういや使ったことない。

Kichijoji, Tokyo
ただし、f/1.8という明るさと手ぶれ補正で、夜でも中望遠で写真が撮れる。それに素晴らしいシャープネス。良い。

Shibuya, Tokyo
惜しむらくはNEX-5Nのピントが遅いことかなぁ。これだけボケるレンズだと仕方ないのかもしれないけど、ね。

----

HAWK'S FACTORY LM-E HELICOID ADOPTER

HAWK'S FACTORY LM-E HELICOID ADOPTER
HAWK'S FACTORYのLM-Eヘリコイド付きマウントアダプターが届いた。

NEX-5N + HAWK'S FACTORY LM-E HELICOID ADOPTER
「台湾製で高品質」みたいなことを自分で宣伝してるけど、確かに精度は良さそうだ。
前に使ってたKIPONはEマウントレンズと同じような感触だったが、オリンパスのように固くてちょっと力がいる印象になった。耐久性って意味だとこれから長い目で見ないとだけど、ピンはKIPONのそれよりは厚くてぐらつかない。
ヘリコイドは最初重みがあって、すっと抜ける感触。この「すっ」と抜ける部分がちょっと耐久的に不安だけど(笑)

PepaCafe Forest
これを使うと最短撮影距離1.0mの35mmレンズで0.28mまで寄れるとのこと。
NOKTON Classic 35mmは最短0.7mだから、もう少し寄れる印象だ。
この最短ってのはさして驚く距離じゃないけど、0.7m~0.2m?の中間でも合焦すると言うことは凄く便利だ。

Rain
これまで(↑)はレンズをマウントから軽く浮かせて手で支えて撮ってた。これをやると意図せずチルトシフト状態になったり、埃が気になったり・・・
ってかこれやりすぎてKIPON製のは壊れたのかも・・・(笑)

SEL50F18とNOKTON Classic 35mm比べると全くキャラクターが違って面白い。ただ、35mm(換算52mm)はやっぱ好きだ。換算35mmくらいも使いたいなぁなんて、またレンズ沼だな(苦笑

商品リンクはデジタルホビーさんにしたけど、eBayで直接買えば円高もあってもっと安い。(今は品切れ?)
英語に関しては、会話不要なので俺でも問題なかったってことを助言で。
ただeBayで買った時の配送は相変わらず不安だ・・・ これは日本が単に配送が優れているだけとは思うけれど。
配送追跡が「集荷受付」の次でいきなり「飛行機成田行で配送中」(しかも3日後くらい)だったり、届いた箱がボコボコでテープでぐるぐる巻きにされてて、開けると緩衝材すらボコボコだったりと、とにかくすげぇなぁと思った。ただ、商品自体は写真の通り箱も綺麗。緩衝材はまさに緩衝してくれたわけで。
言葉がアレとか、めんどいとか、不安だったら、国内で買おう。

----

Lightroom4がとても調子良い。
最後にもう何枚か、SEL50F18で撮った写真を。

Getsumen

Clothes.

Shibuya, Tokyo
show menu